【画像あり】藤井直伸の高校はどこ?全日本メンバーになるまでの経歴まとめ!

藤井直伸さんは、宮城県石巻市出身で日本のバレーボール選手として活躍されています。

2022年2月27日に、体調不良で検査を受けたところ胃がんが見つかったと自身のSNSで公表されました。

全国のファンから回復を願う声が上がっています。

しっかりと治療されて、一日も早く回復された姿を見せて欲しいと願います。

そんな藤井直伸さんの高校時代や、全日本メンバーで活躍されるまでの経緯をまとめてみました。

目次

藤井直伸選手の高校は宮城県古川工業高等学校でバレーボール強豪校!

藤井直伸さんが入学した石巻市立大須中学ではスポーツ系のクラブがバレーボール部しかなかったことがきっかけで入部。

高校は、バレーボール強豪校である宮城県古川工業高等学校に進学し、バレーボール部に入部しますが全国大会には出場経験はできませんでした。

藤井直伸選手は順天堂大学を経て2013年に東レ・アローズ内定

2011年3月11日、藤井直伸さんは大学1年生でした。

東日本大震災で父親が職を失い、実家も被害に遭われたそうです。

藤井直伸さんは、学費が払えなくなることを理由にバレーを辞めようとしたことがあるそうですが、順天堂大学の理事長の厚情により学費が免除されバレーボールを続けることができたと話されていました。

東レでの活躍があり、2017年に全日本メンバーに初招集されています。

2021年には東京オリンピックメンバーに選出され活躍しました。

2021年9月に元日立リヴァーレの佐藤美弥さんと結婚されています。

まとめ

藤井直伸さんの評価は高く、ミドルを多用するプレイスタイルで、それまでサイドの攻撃が主流だった日本のバレーボールを変えた先駆者と言われてます。

また、アジア選手権ではベストセッター賞を受賞されています。

今は、治療に専念し元気な姿を見せて欲しいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる