片岡飛鳥が天才と言われる理由3つを徹底解説!

片岡飛鳥氏は、1988年にフジテレビに入社後「オレたちひょうきん族」や「笑っていいとも!」に携わり、「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」でディレクターデビュー。

「めちゃイケ」で総監督として活躍されていました。

2022年2月17日にフジテレビを退社することが発表されました。

片岡飛鳥氏が天才である言われる理由3つを徹底解説したいと思います。

目次

片岡飛鳥経歴まとめ

生年月日:1964年10月24日

出身地:東京都新宿

血液型:B型

出身校:筑波大学附属駒場高等学校→早稲田大学卒業

1988年にフジテレビ入社、ADとして「オレたちひょうきん族」「笑っていいとも!」に携わり「めちゃイケ」の総監督として活躍後は、ゼネラルプロデユーサー専任となっていました。

片岡飛鳥氏が天才と言われる理由3つ

1. ニックネームは「業界の帝王」?

片岡飛鳥氏が携わる番組のほとんどが「伝説」「人気」まで成長しているからだそうです。

片岡飛鳥氏が携わった番組をまとめてみました。

2. めちゃイケメンバーからは「飛鳥先生」と呼ばれていた

片岡飛鳥氏が総監督を努めた「めちゃイケメンバー」から番組内でも時々「飛鳥先生」と名前が出されるほどの関係だったようです。

岡村隆史

めちゃイケは総合演出の片岡飛鳥氏が先生で「学校」のようなものだった…

加藤浩次

最近では怒られることはないけど、今でも師弟関係。
「加藤頼むよ」って言われたら「分かりやした!」って答えちゃいますよ。

3.仕事に対する信念が半端ない!

上司だった三宅恵介氏の影響で、出演者やスタッフからの質問には、すべてについて合理的な説明(なぜ必要なのか)ができるように番組作りをしており、それができないと番組を作ってはならないという信念を持っている。

片岡氏を知る同局関係者

生粋の作りて気質。
編集室に3日間不眠不休でこもり続け倒れたこともあったほど。

片岡氏を知る同局関係者

タレントとも結びつきが強く、直接やり取りできる仲だった…

まとめ

片岡飛鳥氏がてんさいといわれる理由3つについて紹介しました。

仕事に対しては徹底的に自身を追い込んで行かれる方なんでしょうね。

きっと、自分にも他人にも厳しく番組制作者側のプロ意識が高く、後になって携わった番組が「伝説」になっていたという結果論だったのかもしれません。

今後もフジテレビを退社し、50歳代だからできる第2の人生の活躍に期待します。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる