【火曜ドラマ】ファイトソング清原果耶の相手役って誰?

NHK朝ドラ「おかえりモネ」で主役を演じた清原果耶が、2022年1月からスタートする火曜ドラマ「ファイトソング」で民放ドラマ初主演します。

空手日本代表を目指していたが夢破れたちょいグレ主人公と、一発屋ミュージシャンそして主人公に片想いを続けている幼馴染の恋の三角関係のストーリーが始まります。

そんな主人公清原果耶の相手役は誰に決まったのか、どんな俳優さんなのか紹介していきます。

目次

ドラマ【ファイトソング】のあらすじ

主人公木皿花枝(清原果耶)は、空手の日本代表を目指していたが、突如不慮の事故でその夢を絶たれてしまう。

全てを失い人生どん底…

無気力でグダグダした生活を送っていたが、試合前に必ず聞いていた勝負曲の作者である芦田春樹(間宮祥太朗)との運命の出会いが待っていた。

しかし芦田は今や落ちぶれた一発屋。

こじらせまくった変人ミュージシャンになっていた。

今まで空手一筋で恋もしたことがなかった花枝と「人の心が分からないから良い曲が書けないんだ」と首寸前の芦田。

そんな崖っぷちの2人がひょんなことから手を組み「うそだけど本気の恋愛」にチャレンジしていくことに…

さらに、チャラいが花江を一途に思っている幼馴染の夏川慎吾(菊池風磨)を巻き込み、やがて三角関係の恋へと発展。

だが、花江には誰にも言えない秘密を抱えており「これが最後の恋」と決めている。

このドラマの脚本は、「この世界の片隅に」や映画「いま、会いにゆきます」などを手掛け、2019年に紫綬褒章を受章した岡田惠和(おかだ よしかず)氏が担当します。

岡田氏は、「ファイトソング」は人生に力を、そして心を動かしてくれるものとしての「恋」をめぐる物語。

清原さんに演じていただく花江が「恋すること」に取り組みことによって様々な感情を知っていく、そんな楽しいけどちょっとせつないラブコメディです。

岡田惠和氏

「ファイトソング」は人生に力を、そして心を動かしてくれるものとしての「恋」をめぐる物語。
清原さんに演じていただく花江が「恋すること」に取り組みことによって様々な感情を知っていく、そんな楽しいけどちょっとせつないラブコメディです。

一発屋ミュージシャンと幼馴染の役は誰が演じる?

ズバリ、芦田春樹を演じるのが間宮祥太朗、夏川慎吾を演じるのは菊池風磨です。

では、間宮祥太朗と菊池風磨ってどんな俳優さんなのでしょうか。

間宮祥太朗は、「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」や大河ドラマ「麒麟がくる」などに出演されていました。

間宮祥太朗は1993年生まれで神奈川県出身の俳優さん。

「スクラップ・ティーチャー〜教師再生」でデビューされています。

間宮祥太朗

2021年の1月期火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に出演させていただいたので、もうこの枠に呼ばれないかなと思っていましたが、まさか1年後にまた呼んでいただけてうれしかったです。僕が演じる芦田は一発屋のミュージシャンです。ピアノを弾いている役ですが、僕は小さい頃ピアノを少し習っていましたがすぐ辞めてしまいました。苦戦していますが、今回本格的にピアノの練習をしています。ピアノ演奏にもご注目ください。

菊池風磨は、ドラマ「イタイケに恋して」に主演、映画への出演も決まっています。

菊池風磨は1995年生まれで、ジャニーズのsexy zoneのメンバーです。

現在は、歌手や俳優など芸能界で幅広く活躍されています。

菊池風磨

僕が火曜よる10時枠に呼んでいただけると思ったことがなかったので、オファーを受けて、率直にびっくりしました。まっすぐな恋愛ドラマに出させてもらえて本当に感謝しております。僕が演じる慎吾はとにかく恋に一途な花枝の幼馴染です。「ファイトソング」の登場人物全員がとにかくまっすぐ。色々な人のまっすぐな矢印が、色々な所に向いているので、演じてきっと楽しいだろうなと期待があります。様々な歯がゆいシーンを見ることが今から楽しみです。

まとめ

火曜ドラマ「ファイトソング」に出演するメンバーが決まりましたね。

清原果耶の相手役は、間宮祥太朗と菊池風磨と2021年12月5日に発表されました。

火曜日の夜10時に楽しみができました。

清原果耶ちゃんも、こらから人気が鰻登りになっていくのでしょうね。

活躍に期待しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる