雪国で実際に暮らしているからこそわかる車に積んでおきたい必需品8選!

Day view parked cars under heavy snow in United Kingdom.

もうすぐ冬本番。毎年ニュースで「ドカ雪で車が大渋滞。」「高速道路で立ち往生。」悲惨な時は、車内に閉じ込められて命を落としてしまった最悪なニュースも話題に上がります。雪国で生活している人間として、普段から車に何を装備しているのか、万が一はこんなものもあれば良いかもと思ったことをお伝えします。

目次

雪道を初めて走行する場合は慎重に運転するのが大切。

Car on Winter road with snow in Finland. Auto and Cold landscape of Lapland. Automobile on Europe forest. Finnish City highway ride. Roadway and route snowy street trip. Driving

雪道を走ったことがない人は、雪道の怖さを知らないのでよく事故を起こします。地元の人間であれば、あそこのあの場所はヤバイからきをつけろとよく言う場所があります。結構、私の住んでいる場所にもそういうスポットが多く、共通するのは日当たりが悪い場所。緩やかなカーブと勾配がついている場所。トンネルの出入り口。橋の上。

県外からスキーに訪れる人は、あんまり地元の情報を知らないのでしょうね。朝早くにスキー場に入りたいために早朝の6時前後に車で走っている車を多く見かけます。慎重な人は、本当に慎重ですが、そうでない人は普通に飛ばして走ります。

早朝などは路面が凍結していることが多く、かなり危険。

雪が積もっていなくてもブラックアイスバーンと言って黒く(水で濡れている)なっているところは、ほとんど凍っています。見た目ではただ、濡れているだけかなと思うのですが、その思い込みが危険。

絶対してはいけないのが、急ブレーキ・急ハンドル・急発進 の3つ。

ブレーキを踏むときは、ポン、ポン、ポンと小分けにブレーキ操作をしてゆっくりとスピードを落とさないとダメですね。

スリップした場合は慌てないこと(でも誰だってスリップしたら慌ててしまいますよね)

一度スリップすると、ハンドルが取られてしまうことが多く、操縦困難に陥ります。そこで、諦めるとガードレールか雪壁にぶつかるしかありません。これは運が良い方で、運が悪ければ対向車線にはみ出し正面衝突の危険もありますよね。

スピードさえ出ていなければ、ハンドルが取られたとしても、自分の手の内に戻ってきます。そうすると一安心。

なので、雪道の走行は慎重に運転するのが一番です。

いつも車に積んでおくもの。

Cars Covered With Fresh White Snow After A Heavy Blizzard In Bucharest City

雪のシーズン到来する前に、まずはタイヤ交換です。私の車は4WD車なので、安心?(過信はしてはいけませんが)

ワイパーは冬用ワイパーへ交換します。

気温が下がるとワイパーも凍りやすくなります。そして普通のワイパーでは雪を綺麗に拭き取ることができず視界が悪くなって危険です。

冬の方がウォッシャー液もよく使うんです。なのでこまめな補充をしておきましょう。寒冷地用のものを使用しないと、噴射した時に凍ってしまったり、タンクの中で凍ってしまうことがあります。

スノーブラシは必須です。

これがないと、ちょっと車を停めていた間に車の上に雪が…。どうやって降ろす?手で?そんなこと無理ですね。手で払えるくらいの量なら、そもそも手で払わなくても風で舞っていきます。

あとよく見かけるのが、雪を積んだまま走行する車。これは危険で違反になりますので必ず車の上に積もった雪は落としましょう。こんな車に雪を積んだ車の後ろを走りたくありません。車間距離を取らないと自分にも被害が及ぶかもです。

スノースコップ

Man removing snow with red shovel

車の周りに積もった雪をスコップで放り出します。車を脱出させるには必要なアイテムです。プラスチックの軽いものが使いやすいです。雪がくっつかないように、シーズン前に綺麗に洗い「雪つかずスプレー」散布しておくといいですよ。

飲み物や、ちょっとしたおやつ(チョコや飴など)

これは、雪みちではいつ立ち往生に巻き込まれるかわからないからです。何時間もなんてよくあります。その間はやはりイライラもするので、甘いものがいいと思います。

防寒着

車で出かけるくらいなら、防寒着を着ているかもしれませんが、これも万が一、渋滞に巻き込まれ燃料も少なくなってきたなんて時には必須です。凍えたくありませんよね。

携帯トイレ

一番困るのが、やはりトイレです。最近はいろんな会社から携帯用トイレが販売されているので自分にあったトイレを探すと良いと思います。今までに使ったことはありませんが、あったほうが気持ちに余裕ができますね。

寝袋

これも、携帯トイレ同様、車で寝なければいけない状況がいつ発生するかもしれないことを考え、準備しています。結構あったかいので防寒具に使えます。

燃料は余裕を持って給油を済ませておく

燃料は大切です。いつも半分のラインになれば給油をすることを心がけています。

雪道を走る車に積んでおきたい必需品のまとめ

Day view parked cars under heavy snow in United Kingdom.

最近、自然災害って多くないですか?ニュースのインタビューで

生まれて初めてこんな体験をした。

って答える人がほとんどです。大雨の時も、そうですよね。

そんな災害のニュースを見て防災グッズを揃えようと思い、車の中に非常食や、寝袋、携帯トイレは準備しています。

雪道を走行する車には必需品として上記内容にプラスして、スノーブラシやスコップ、防寒具が必需品だといえるでしょう。

私は準備していないのですが、スタックした時に脱出用のスノーヘルパーもあると良いかもしれません。

やはり一番大事なのは安全運転に心がけることですね。雪道を走る際は普段より慎重になりましょう

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる